先輩社員インタビュー

2016年入社

東日本商品部 (営業職) 一般  半田 恵久

  • この会社を選んだ理由を教えてください。

    学生時代にコンビニエンスストアの商品開発プロジェクトに携わった経験から、コンビニエンスストア業界に興味を持ちました。実際に就職活動が始まって、「コンビニエンスストア業界で働きたい!」という思いをエージェントに伝えて紹介してもらったのが当社でした。
    食材の調達では、産地から生産工程、品質管理にいたるまで食材と深く関わり合う事ができ、新商品の開発・提案にも携わることができるというところに魅力を感じ、入社を決めました。

  • 現在の仕事内容を教えてください。

    コンビニエンスストア向けのお弁当などを開発・製造しているお取引先に食材を提案するのがメインの仕事になりますが、その内容は多岐にわたります。
    食材の提案依頼があれば、仕入先となるメーカーを探すところから始まり、ご要望のものが出来るまで、メーカーと何度も試作とヒアリングを繰り返します。もちろんメーカーは国内外問わず、日本全国、世界中を飛び回って最適なメーカーを探します。また、食材の提案をするときに使うプレゼン資料をエクセルやパワーポイントを使って作成するのも大事な仕事の一つです。
    食材の供給が決まったら終わりではありません。品質に問題がないか品質管理部門と連携してひとつひとつ確認していきます。問題がないことが確認されたら、次は商品の輸入、発注を行う部門と連携し、安定的に食材が供給できるように適正な数量の在庫を確保します。欠品または在庫が過剰にならないように、在庫数の変動には常に気を配って管理していきます。
    その他にも、世の中のトレンドや食品業界の流行を追うことも大切な仕事です。当然、仕事がら社内で人気の飲食店や商品の話をすることも多く、市場調査として実際に行って食べることもあります。日常生活で、自分が見たり感じたりしたものから商品の提案ができることも多いので、普段から食品の流行を気にするようになりました。

  • 仕事のやりがいを教えてください。

    自分が担当した食材が、実際の商品となるまでには多くの時間と労力がかかります。自分の携わった商品がコンビニエンスストアの店頭に並んでいるのを見ると、とても達成感とやりがいを感じます。
    また、営業という仕事は人と人とのやり取りになるので、お取引先との信頼関係を築いていくことがとても大切だと日々の仕事を通じて学びました。営業部門に配属された時から担当させて頂いているメーカーさんに「半田さんになら任せられるよ」と言っていただけた時は、営業をやっていて本当に良かったなと思いました。

  • 今後の目標を教えてください。

    飽和状態と言われるコンビニ業界ですが、消費者が本当に欲しいものを見極めて、積極的に提案していきたいです。「自分が新しいトレンドを作るぞ!」という気持ちで仕事に向き合っていきたいと思います。