先輩社員インタビュー

2002年入社

営業企画部 課長代理  三好 一史

  • この会社を選んだ理由を教えてください。

    私は、わらべや日洋株式会社に入社し、その後、当社に転籍となりました。就職活動を開始するにあたり、私自身、食べることが好きだったので食品業界に強い興味と関心があり、会社を選ぶ際のポイントになっていました。
    また、私は学生の頃からコンビニエンスストアを頻繁に利用していて、おにぎりやお弁当のラベル表示から「わらべや日洋株式会社」という会社があることを知ったことと、当時、わらべや日洋株式会社の本社が学生時代を過ごしていた小平市にあったのでとても親近感が沸いたことです。

  • 現在の仕事内容を教えてください。

    私の仕事は、営業職で食品工場や食品メーカー向けに衛生資材や器具、包装パッケージの商品企画を行い、開発、販売までを手がけています。
    わらべや日洋株式会社の27工場を中心としたお取引先からニーズを収集し、新規商品開発に繋げる業務や、その他全国のお取引先の工場に対して365日納品可能な在庫の確保と物流網を構築し、工場で使用する資材等の発注先として当社が窓口になり、様々なメーカー様の資材を一括で納品するような業務を行っています。
    他にも、時代のニーズに合ったオリジナル商品の企画や開発といった仕事にも携わっていますし、販売したら終わりではなく、販売後には既存のお取引先の満足度を向上させるため、アフターフォローもしっかりと行っています。売上拡大に繋げるために新規お取引先の開拓や新規事業の立案といったことにも携わっています。
    また、部下の育成にも力を入れていますし、売上、利益の管理などマネジメントの勉強もしています。

  • 仕事のやりがいを教えてください。

    包材は、食材を取り扱う部署と異なり、衛生資材、事務機器及び調理器具等を取り扱っていますが、お取引先のニーズに基づいて商品を企画し、納品までのすべてを自分で考え、形にしていくことについてやりがいを感じることができます。また、お取引先にその商品をご利用いただき、高い評価を得られたときには悦びを感じます。
    心に残っているエピソードもたくさんありますが、工場の新規立上げは、その中のひとつで入社後、10工場の新規立上げに携わりました。新規工場の立上げは、納品する製品について事前打ち合わせから工場稼動まで約1年かけて工場の方と密に接することになります。全員が初めてのことばかりで、わからないことが多い中、手探りで作業し工場を稼働させなければなりません。  
    工場引き渡しから稼働までの日々は、作業や打ち合わせが早朝から深夜までかかることもあります。その過程で工場の方々と一緒になって作業し、必要備品を取り揃え、無事に工場が稼働できたときの悦びはなにものにも変えがたいものになります。

  • 今後の目標を教えてください。

    これからも、引き続き顧客から信頼される会社づくりに貢献していきたいと考えています。
    また、部下のスキルアップにつながるように人材の育成に力を入れていきたいと思っています。
    いずれは包材部を創設できるようにより一層、売上を拡大していきたいと考えています。