日洋について

日本の食卓に貢献する「メーカー商社」
世界に広がるネットワークで
多彩な食材をご提供します

世界規模の調達ネットワークを持ち、加工・販売を行うメーカー商社

わたしたちは、コンビニエンスストアに並ぶお弁当やおにぎり、サンドイッチなど、毎日の“おいしさ”を支える食品商社です。「わらべや日洋グループ」の一員として、安全・安心で高品質な商品やサービスをグループの力でつくり出しています。
取り扱う食材は、水産物、農産物、畜産物、加工品と幅広く、調達ネットワークは、アジア、北米、南米、ヨーロッパと世界各地に広がっています。主力商品である水産物は、紅鮭(アメリカ)、助子(アメリカ)、筋子・いくら(ロシア・カナダ)エビ(ベトナム・インド)、ちりめん(韓国・インドネシア)といったように、世界各地域より良質な食材を調達しています。
また、食材の加工については、製造工場を持つ子会社2社をはじめ、国内外の協力会社とも連携しながら、食材の開発から品質管理、生産までを行う「食のメーカー商社」として、価値の高い商品を送り出しています。

コンビニエンスストアのお弁当・惣菜を中心に食材を提供
 新食材や付加価値の高い商品の開発・水産加工品の輸出にも挑戦

創業当時から主力としているのは鮭や魚卵などの水産加工品、味付けいなり揚げや鶏肉加工品などで、その多くがコンビニエンスストアのお弁当やおにぎり、惣菜などに生かされています。コンビニエンスストア以外では、外食チェーンやスーパーマーケットのお客様を持ち、近年は、輸入フルーツなど新食材の調達や、子会社で製造した水産加工品の海外(アメリカ・タイ・中国・ロシア)への輸出、付加価値の高い商品の開発など、事業の多角化・拡大を図っています。
また、衛生資材や事務機器・調理器具、副資材、災害用品など、食品工場向け商品の販売も事業のひとつで、製造工場をグループ会社に持つ当社ならではのノウハウを生かし、現場のニーズを汲みとった商品開発も行っています。

国内加工食品から輸入食材に至るまで
品質管理を徹底

自社に品質管理部門を持ち、国内生産の加工品から輸入食材に至るまで、安全・安心な商品をお客様にご提供します。仕入先任せにする商社が多い中、私たちは原材料の養殖方法や栽培方法、加工食品の製造工程のチェック、仕入先工場の監査などを行い、自らの目で確認をした安全で安心な食材のみを取り扱っています。また、すべての商品について当社の責任として規格書や表示ラベルの確認を行ったうえで、お取引先に商品を納入しています。
品質基準が厳しいコンビニエンスストアへの商品提供を通じて培ったノウハウは、幅広いお客様から高い評価を得ており、これからも日本の食卓に、安全・安心、食の楽しさを提供する企業であり続けたいと願っています。